>  > 

子供の肥満解消への心構え

肥満を解消する方法は、摂取エネルギーよりも消費エネルギーを多くし、体脂肪を減らしていくことです。特に子供の場合、肥満の治療は食事療法と運動療法を取り込んだ生活改善が中心となります。

◎摂取エネルギーを減らす…食事療法

極端な食事制限で体重を減らすこととは違います。成長期にある子供の発育を妨げることなく、必要な栄養素を取り込みバランスに配慮しつつ、エネルギーの摂取は抑えるということです。大人のように、ダイエット食品に頼り短期集中的に痩せたり、投薬などの方法は取りません。

◎消費エネルギーを多くする…運動療法

肥満の子供には、できる運動と苦手な運動があります。できる運動を多く取り込み、楽しく長く続けられるようにプログラムを組まなくてはなりません。また、一人では石が続かなかったり楽しくなかったりするので、家族など周囲のサポートが大切になってきます。

◎積極的に体脂肪を減らす…生活改善

ゴロゴロしたりテレビを見るのが大好きだった子供を、普段からよく動く子供へと変身させていきましょう。家の手伝いをさせたり、外で遊んだり、ただ姿勢よく座るだけでもエネルギー消費になる生活へとシフトさせます。

各項目については別項で詳しく取り上げますが、これらの治療法を行うにあたり、まずはやせる生活の心がけとして、以下の項目を守りましょう。

一、 1日1回の体重と3度の食事の記録をつけましょう。

一、 朝、昼、晩と1日3回、必ず食事をとりましょう。

一、 1日に最低でも1回は家族で食事を取りましょう。

一、 夜9時以降は物を食べないようにしましょう。

一、 調味料やマーガリンなどのつけ過ぎ、かけ過ぎはやめましょう。

一、 家の手伝いをしましょう。

一、 歩き、階段の利用を心がけましょう。

一、 決められた食事の量を守りましょう。


3度の食事の記録をつけることを「レコーディング・ダイエット」といい、最近はやりの手法です。これだけでも痩せるという人もいます。こうすることで食事に対する意識づけがはっきりし、食べ過ぎの防止やバランスへの配慮が身につくようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
上に戻る