>  > 

気になる子供の肥満

ここ数年ずっと、子供の肥満が増えているというニュースを目にすることが多くなりました。文部科学省が公表している「年齢別 肥満傾向児の出現率の推移(昭和52年度~平成18年度)によると、昭和52年と平成18年を比べると、小学校入学の6歳で2.62%から4.76%の2倍増、中学校入学の12歳で6.64%から10.26%の1.5倍増となっています。子供の肥満の増加に伴い、肥満が原因による生活習慣病も子供の患者が増えています。それに追随するように、子供の運動能力もここ10年間くらいは下げ止まりだという統計も出ています。この傾向は日本だけでなく、世界各国でも同じように深刻化しているようです。

では、肥満の何がいけないのでしょう。

大人から見るとぽっちゃりした子供はかわいいですし、親から見ると良く食べる子のほうが安心するものです。逆に、見た目ではそんなに太っているようには見えないのに、検診では何か言われたという場合もあるでしょう。

「肥満はよくない」となんとなくは思っても、どういう状態が肥満なのか、どう良くないのか、どう気にすればよいのか、いまひとつはっきりとわからない方も多いのではないでしょうか。
そしてある日、健康診断やかかりつけのお医者様から「この子は肥満です。注意しましょう。」の宣告を受け、ああやっぱりそうだったのかとショックを受ける親御さんも多いはずです。

肥満に対して一番良いのは、肥満と指摘される前に、そうならないための知識を取り入れ、予防策を実行することです。もしお子さんがすでに肥満と診断されていたら、何が原因でそうなったかを把握し、原因を取り除きながらダイエットを行う必要があります。
そのためには、今のお子さんの状態を良く観察し、正しい判断を行うことが大切です。

また、一口に子供と言っても、ほとんど全員がふっくらしている赤ちゃんの頃から、成長期にある子供まで、理想とする体型は大きく異なります。各年齢の段階に合わせた肥満対策の知識も必要です。

そして何よりも重要なことは、子供の成長には100%親が関与しているということです。つまり、子供の肥満には親の接し方が少なからず原因となっているのです。ですから、子供の観察と同時に親の態度もあらためてチェックする必要があります。

正しい知識を身につけて、親子一緒に子供の肥満と戦っていくことを目指していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
上に戻る